JYP、悪質ネットユーザーに宣戦布告!「TWICEメンバーへの中傷は見過ごすことができないレベルに達した」

ガールズグループTWICEの所属事務所JYPエンターテインメントが、各種悪質なデマを書き込むネットユーザーに対して宣戦布告した。

JYPは5日、「当社は本日からオンラインコミュニティーおよびSNSなどを通して、生産および流布、拡大再生産されているTWICEおよび各メンバーに対する悪質なデマ、虚偽の事実および人身攻撃的な発言、セクハラ水準に該当するすべての掲示文および関連コメント、掲示文の流布を通した拡大再生産など、TWICEおよび各メンバーの名誉と人格を傷つける行為全般に対して適応できる法的手続きに基づいて、強硬対応する方針であることをお知らせます」と公式立場を明らかにした。

所属事務所は「これまで当社は独自のモニタリングやファンの方々からの情報提供を通じて、TWICEおよび各メンバーに対する悪質な書き込みを確認してきており、これに対する程度の把握を進めてきました」とし、最近、このような悪質な掲示文のレベルと量が見過ごすことができないレベルに達したと判断し、所属アーティストの人格権を保護することはもちろん、心理的な健康と正常な活動のためにも上記の通りに強硬に対応する方針であることをお知らせすることになりました」と強硬対応に至った経緯を説明した。

さらに、所属事務所は「関連法務法人と過去の書き込みなどをもとに、法的措置の対象および措置レベルについて詳細な確認を進行中」とし、「今後発生するすべての関連行為についても同一の法的基準の下で最大限強硬に対応します」と強調した。

人気記事ベスト20

新着ニュース

PAGE TOP